2019.05.30
但馬CULTURE VOL.46 小山弥兵衛と心諒尼
朝来市和田山町東河(とが)地区では、祖父を弔う孫娘の孝行物語が語り継がれています。 ―壱岐(いき)島への流刑 昔、東河庄野村(朝来市和田山町東河地区)に「小山弥兵衛」という若いながらも人望が厚い男がいました。 1738年、長く続く凶作のため、庄屋たちが訴状を持って生野代官までお願いに行きました。しかしその際農民が鍬や鎌を持っ
2019.05.15
但馬CULTURE VOL.45 日本遺産認定!風待ち・潮待ち港 諸寄
かつて北前船の“風待ち・潮待ち港”として栄えた新温泉町の諸寄地区。『枕草子』や『古今和歌六帖』など、古くから和歌にも詠まれてきた名勝地です。2018年に文化庁が認定する日本遺産『荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落』に、諸寄を含む27市町が追加認定を受けて話題となりました。 ―荷物の運搬だけではない北
2019.04.26
但馬CULTURE VOL.44 豊岡復興建築群でまち歩き
豊岡市街地に鎮座する「小田井縣神社」。その神社の南側に位置する旧道沿いには、大正14年に起きた北但大震災の後整備された震災復興建築群が。大開、宵田通りなどに数多く残る建物を眺めながら、趣のあるまち歩きはいかがでしょうか。 ― 豊岡杞柳細工を支える古社 但馬五社の一社、霊験あらたかな古社として知られる豊岡市街地に鎮座する「小田
2019.03.26
但馬CULTURE VOL.43 チューリップに賭けた人たち
「弁当忘れても、傘忘れるな」。これは但馬の変わりやすい気候を表した言葉です。特に秋には時雨が多く、大事な作物の種植えの時期と重なる農家にとって、こうした天候は悩みのタネでした。もちろん、今や但馬の春の風物詩になった「たんとうチューリップまつり」でも同じことです。 ― 「弁当忘れても、傘忘れるな」 毎年4月中旬ごろに、兵庫県豊
2019.03.04
但馬CULTURE VOL.42 余部クリスタルタワー
地域のシンボルともいえる、兵庫県香美町にある余部橋梁。2010年夏にコンクリート製の新橋に生まれ変わりました。その海側に無料のエレベーター「余部クリスタルタワー」が設置されたのは2017年11月のことです。展望施設「空の駅」へのアクセスも容易になり、新たな観光スポットとして人気を集めています。 ― 東洋一の鉄橋 2010年に
2019.02.04
但馬CULTURE VOL.41 古民家を蘇生させた在宅看護施設
2017年4月に開所した、豊岡市日高町にある看護小規模多機能型居宅介護事業所「リガレッセ」。古民家を利用した介護事業所という、全国でも珍しい看護センターです。敷地内に古民家カフェも併設し、通い・訪問・宿泊・訪問看護に加え、終の住処として終末期看護にも対応しています。 ― 人と場所をつなぐ古民家 「『リガレッセ』とは、ラテン語
2019.01.21
但馬CULTURE VOL.40 地域とつくるいちご菓子
明治元年の創業以来、兵庫県養父市八鹿の地で長く愛されている菓子メーカー「菓心谷常」。創業150年を超える老舗が新たに挑戦したのは、甘酸っぱいいちごを使った洋菓子の開発でした。 ― 老舗菓子メーカーを支える職人の技術 約60年前に発売された、銘菓「鮎のささやき」を食べたことのある人も多いでしょう。その味を今に伝えるのは、製造部
2018.10.25
但馬CULTURE VOL.39 温泉街でアートなまちづくり
自然やまち並みなどの文化的資源を活かしたアートによるまちづくり。建築、造形、ダンス、演劇、音楽などのアートと地域との関わり方は様々です。アートと地域にはどんな関係が生まれるのか、どのようにして地域に結びつけることができるのか。今回は兵庫県新温泉町で進められているアートなまちづくりの現状を追いました。 ― 隅々まで歩いて魅力発
2018.09.20
但馬CULTURE VOL.38 地域全体でひとつの病院に!但馬の医療
安心できる暮らしのバロメーターともいえる医療の充実。怪我や病気、出産、救急、高齢化など、ライフスタイルによっても医療のニーズはさまざまです。最近では過疎化や医師不足などの問題もよく耳にするようになりました。いざというとき、但馬の地域医療はどのような体制になっているのでしょうか。 ― 但馬の地域医療 但馬には8つの公立病院があ
2018.09.01
但馬CULTURE VOL.37 山の魅力!やまもり村岡
山の持つ魅力を楽しんで、愛する山を一緒に守っていきたい!そんな山を盛り上げる人々の活動「やまもり村岡」をご紹介します。山にふれたくなったら香美町村岡の山々へどうぞ! ― 山を盛り上げ 観光交流 「やまもり村岡」は山をテーマにし、香美町村岡の新しい魅力づくりと観光交流人口の定着化を目指す団体です。これまで蘇武岳(そぶがだけ)で
2018.08.15
但馬CULTURE VOL.36 但馬の名産「八鹿豚」
安心・安全な農場で育てられた隠れた名品「八鹿豚」。甘みがありジューシーで、ビタミンB2が豊富なので夏バテ予防にもうってつけです。 ― 但馬を代表する名産「八鹿豚」 但馬を代表するお肉として有名な「但馬牛」。その味を求めて多くの観光客が但馬を訪れますが、牛だけでなく豚にも注目が集まっていることをご存知でしょうか。兵庫県養父市八
2018.06.28
但馬CULTURE VOL.35 謎につつまれた麒麟獅子舞
皆さんは「麒麟」という生き物をご存じでしょうか。中国で仁徳を備えた霊獣として崇められている空想の動物で、地に住む魔性を祓い、天空の善者を呼ぶといいます。この麒麟が舞う「麒麟獅子舞」は、但馬と鳥取の一部で脈々と受け継がれています。 ― 伝説上の霊獣「麒麟」 麒麟が日本に登場するのは奈良時代で、遣唐使によって中国からもたらされた
2018.06.11
但馬CULTURE VOL.34 城崎温泉で麦わら細工に触れる
豊岡市城崎温泉に伝わる伝統工芸細工「麦わら細工」。その鮮やかな色彩と微妙な光沢は、他に類を見ない伝統的工芸品として高く評価されています。山陰の名湯と名高い城崎温泉で、300年近くの歴史をもつ匠の技に触れてはいかがでしょうか。 ― 歴史ある伝統工芸として 兵庫県豊岡市にある、多くの文人墨客に愛された山陰の名湯・城崎温泉。「日本
2018.05.30
但馬CULTURE VOL.33 新型飛行機「ATR」がやってきた!
コウノトリ但馬空港に新型飛行機がやってきました。平成30年5月7日に就航したその機体は「ATR」こと「ATR42-600型機」。より快適になった新型飛行機が、但馬と大阪の空を舞います。 ― 但馬の玄関口として 「コウノトリ但馬空港」は、交通の利便性を高める日本初の「コミューター専用空港」として、平成6年に豊岡市に開港しました
2018.04.27
但馬CULTURE VOL.32 木質バイオマスエネルギーで元気な森づくり
兵庫県は県土の約7割を森が占めています。豊かな森は私たちの生活を支えてきましたが、近年手入れ不足や放置による山の荒廃が目立つようになりました。特にスギやヒノキといった人工林が有効に使われずに放置されている状況が続いています。そんな中、木に由来する再生可能なエネルギーとして『木質バイオマス』が注目を集めています。林業の収益性向
2018.03.20
但馬CULTURE VOL.31 気ままなまち歩き“フットパス”で魅力発見!
自分のペースで気ままにまち並みを散策する“まちぶら”が、近年“フットパス”というアクティビティとして確立されるようになりました。TVのまち歩き番組などでも人気なフットパス。その魅力はどこにあるのでしょうか。 ― 古くて新しいまち歩き、“フットパス”とは フットパスとは、イギリスを発祥とする「森林や田園地帯、古いまち並みなどの
2018.03.05
但馬CULTURE VOL.30 水揚げ量日本一のホタルイカ
春の訪れを告げる食材として知られる「ホタルイカ」。実は新温泉町の浜坂漁協は、特産として有名な富山全県に匹敵するほどの漁獲量を誇っており、水揚げ量が日本一に輝いたこともあります。 ― 夜の海に宝石のように輝くイカ 海の妖精ともいわれるホタルイカは、胴の長さが6〜7センチとごく小さなイカです。日本近海に広く分布し、普段は主に沖合
2018.01.09
但馬CULTURE VOL.29 大納言小豆 美方ルビー
大きな粒に鮮やかな色合い。美方大納言小豆は、棚田に恵まれた環境で育てられました。その美しい紅色が宝石のルビーを連想させることから「美方ルビー」と呼ばれています。 ― 旨みと栄養をあわせ持つ 畑のルビー 兵庫県北部に位置する美方郡は、高原や棚田など自然豊かで変化に富んだ地形に恵まれており、古くから良質な小豆が栽培されてきました