PICKUP

募集中

2019.07.05
但馬PLACE VOL.17 玄武洞ミュージアム
約160万年前の火山活動を現代に伝える、兵庫県豊岡市にある国指定の天然記念物「玄武洞」。そんな玄武洞をテーマにした石の博物館「玄武洞ミュージアム」が、2018年にリニューアルオープンしました。 ― 奇岩の名所 玄武洞 国指定の天然記念物である玄武洞公園。石でできた階段を登ると、六角形の柱状節理が雄大に積み上がる玄武洞が視界に
2019.06.24
但馬STYLE VOL.27 廣氏 佳典さん《養父市》
兵庫県養父市にある「ラ・リビエール」は、カタシマ株式会社が運営するフランス料理レストラン。総料理長の廣氏佳典さんの目指す「但馬のフランス料理」とは、どのようなものなのでしょうか。 ―但馬ならではのフランス料理とは フランス語で「川」を意味する、レストラン「ラ・リビエール」。明るく落ち着いた雰囲気の店内では、多彩な特産物を持つ
2019.05.30
但馬CULTURE VOL.46 小山弥兵衛と心諒尼
朝来市和田山町東河(とが)地区では、祖父を弔う孫娘の孝行物語が語り継がれています。 ―壱岐(いき)島への流刑 昔、東河庄野村(朝来市和田山町東河地区)に「小山弥兵衛」という若いながらも人望が厚い男がいました。 1738年、長く続く凶作のため、庄屋たちが訴状を持って生野代官までお願いに行きました。しかしその際農民が鍬や鎌を持っ
2019.05.15
但馬CULTURE VOL.45 日本遺産認定!風待ち・潮待ち港 諸寄
かつて北前船の“風待ち・潮待ち港”として栄えた新温泉町の諸寄地区。『枕草子』や『古今和歌六帖』など、古くから和歌にも詠まれてきた名勝地です。2018年に文化庁が認定する日本遺産『荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落』に、諸寄を含む27市町が追加認定を受けて話題となりました。 ―荷物の運搬だけではない北
2019.04.26
但馬CULTURE VOL.44 豊岡復興建築群でまち歩き
豊岡市街地に鎮座する「小田井縣神社」。その神社の南側に位置する旧道沿いには、大正14年に起きた北但大震災の後整備された震災復興建築群が。大開、宵田通りなどに数多く残る建物を眺めながら、趣のあるまち歩きはいかがでしょうか。 ― 豊岡杞柳細工を支える古社 但馬五社の一社、霊験あらたかな古社として知られる豊岡市街地に鎮座する「小田
2019.03.26
但馬STYLE VOL.26 岡崎 洋介さん《新温泉町》
兵庫県新温泉町浜坂にある老舗菓子店「浜坂 新杵」の3代目である岡崎洋介さん。とち餅が有名な同店でお土産に最適な菓子を作るため、洋菓子の技術で挑みます。 ― 「栃の実」の魅力 「栃の実」は独特なほろ苦さと香りを持った、栗に似た木の実です。古来より万病の薬に使われ不老長寿の木の実ともいわれているとか。山陰地方など一部の地域で古く