PICKUP

募集中

2017.07.25
但馬CULTURE VOL.22  但馬の養蚕
絹の原料となる繭を作る蚕は、日本全国で大切に育てられてきました。その中でも但馬地域は古くから養蚕業で栄え、江戸期には「東の群馬、西の但馬」とも呼ばれていました。 ― 養蚕を広めた上垣守国  但馬の養蚕業の基礎を築き普及させた先駆者として、上垣守国という人物がいます。守国は兵庫県養父市の生まれで、18歳から養蚕の先進地であった
2017.07.25
但馬PLACE VOL.11 かんなべ自然学校
兵庫県には学校行事として、県内小学5年生の児童を対象とした4泊5日の「自然学校」が存在しますが、「かんなべ自然学校」はそれとは異なります。学校の枠を超えた、この場所だから学べることがあります。 ― “気づきの場” かんなべ自然学校 「NPO法人かんなべ自然学校」は、四季折々のアウトドアをフィールドとし学んでいく学校です。学校
2017.07.04
但馬CULTURE VOL.21  たじま暮らしのススメ
兵庫県北部に位置し、「豊岡市」「養父市」「香美町」「新温泉町」「朝来市」の3市2町からなる但馬地域。近年は、コウノトリ野生復帰プログラムや世界認定された山陰海岸ジオパークなど自然環境を生かした活動や、城崎温泉街とアートを融合したまちづくりなど、新たな取り組みも盛んです。 LINK UP 但馬暮らし ■たじま田舎暮らし情報セン
2017.06.21
但馬CULTURE VOL.20  日本遺産に認定!鉱石の道探訪
姫路市、福崎町、市川町、神河町、朝来市及び養父市の6市町による「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」が、2017年4月に日本遺産に認定されました。その中でも生野鉱山、神子畑鉱山、明延鉱山、中瀬鉱山からなる「鉱石の道」は、明治から昭和にかけて日本の近代化を支えました。 ― 日本を代表する鉱山王国 但馬  大同2年(807)に開坑し
2017.03.31
但馬CULTURE VOL.19  ご朱印ガール必見!「但馬七花寺めぐり」
人情深く自然豊かな兵庫県北部・但馬の国。そこに千古の歴史を秘めて、ひっそりとたたずむ七ケ寺の花霊場があります。 「但馬七花寺霊場」は平成24年に開創。人々の心を優しく柔軟にする花々は、生きた仏様のようです。各寺院では季節ごとに花々を楽しむことができ、荘厳な雰囲気は心を穏やかにしてくれます。 LINK UP 但馬七花寺 ■但馬
2017.03.15
但馬CULTURE VOL.18  お菓子の神様「タジマモリ」
タジマモリとは、「古事記」「日本書紀」に伝わるお菓子の神様「田道間守命(タジマモリノミコト)」のこと。誕生地は兵庫県豊岡市とされ、豊岡市にある中嶋神社では菓祖神としてまつられています。 ― 果実を求めて海を越える  遠い昔タジマモリは垂仁天皇の命を受け、遠い海の向こうの「常世の国」にあるという「非時香菓(ときじくのかぐのこの