夢は叶う・・・を信じて
地域活性化のため、毎年但馬ドームにアーティストを呼んでイベントを企画しています。
2013.08.12
俳優・志村喬
 『夢但馬2014』事務局です。来週はお盆ウィークですね。自分が生まれてきたルーツに思いをはせたり、残りの人生について考えを巡らせたり、いつもより「いのち」や「生きること」について、考える時間が多い時期かもしれません。さて、「世界のクロサワ」こと黒澤明。スピルバーグやクリント・イーストウッドなど、ハリウッドの名だた
朝来市山東夏祭り
名物造り物の公開 特産物の販売(山菜市) 金管バンド等各団体演奏 練り込み踊りに総踊り 大花火大会
第37回朝来夏まつり
花火大会、少年サッカー招待試合、歌謡ショー、漫才、物産展 等
2013.08.09
ネズミの殿様・斎藤隆夫
 『夢但馬2014』事務局です。8月6日も過ぎ、明日は9日。静かに心に思い出したい但馬の偉人がいます。「もうよい!」「要点を言え、要点を!」「政党は何をした!」「黙って聞け!!」日中戦争が始まり(1937年)、国家総動員法が発令(1938年)され、日本が軍事色に染まりつつあった1940年(昭和15年)、ヤジの飛びか
2013.08.09
世界の高級食材「亀の手」
 『夢但馬2014』事務局です。初めて見たときは、まさかこれが食べられるものとは思わず、もうびっくり! どんな味? 一体どうやって食べるの??名前は「亀の手」。但馬の海岸エリアでは、昔から普通に家庭で食べられているものなんだそうです。塩味に茹でて貝のような身を食べたり、お味噌汁にしたり。スペインのガリシア地方では「
第15回兵庫県雪合戦大会
募集チーム数: 一般の部36(中学生以上) レディースの部9(女性のみ、中学生以上) 参加人数: 1チーム7名以上10名以下(監督1名、競技者9名以内)ただし、監督は競技者を兼ねることができる。競技でコートに入れるのは7名(フォワード4名、バックス3名) 参加資格: 一般の部は各チーム2名以上のC級審判員<今年度審判講習会受
加藤文太郎記念図書館 開館20周年記念事業講演会 
植村直己冒険賞を受賞された日本を代表するフリークライマー、 山野井 康史さんの講演会を行います。 演 題  『一人で山に向かって』 と き  10月5日(日) 午後1時30分から ところ  加藤文太郎記念図書館 参加方法 9月27日(土)までに加藤文太郎記念館に 電話でお申し込みください。 電話:0796-82-5251 参
但馬“牛まつり”
但馬の人々が共通に認識し誇りとしている但馬牛をテーマとして、すべての但馬の人々が心を一つにして集い、楽しみ、歓喜し、また、但馬を訪れる多くの交流人が気軽に参加することのできる祭りとして、『2014(第21回) 但馬“牛まつり”』を実施する。
2013.08.08
ジオカヌーはいかが
 『夢但馬2014』事務局です。ドドーン!!すごいですよね、ジオパークに認定されているこの「はさかり岩」がこんなにも間近に!これぞまさに自然のアート!こんな間近にジオパークを体験できる「たけのジオカヌー」が今豊岡市の竹野地区で人気急上昇なんです。最近ではあの有名番組、毎日放送の「ちちんぷいぷい」でも取り上げられたん
2013.08.06
但馬のお米
『夢但馬2014』事務局です。但馬はね、食べ物なんでも美味しいんですけど、特に米が本当に美味いんです!僕の但馬に来てからの朝ご飯は大抵、炊きたてホカホカの但馬の米に、卵と豊岡市但東町の卵かけご飯専門店「但熊」の卵かけご飯専用醤油をぶっかけて食う卵かけご飯と味噌汁!それだけ!それだけでめちゃくちゃ美味い!朝から「生きるって素晴
てtoてtoマーケット
事業者の卵を発掘し、事業者育成支援をおこない、地域・商店街等の活性化のために取り組む。 手づくり市の「てtoてtoマーケット」を開催し、その中から創業を考えられている方の開業・経営支援する。 創業1件 シェア店舗出店予定1件 日高夏祭り来場者31000人 てとてと約4000人
2013.08.05
前田周助
但馬牛改良の祖。牛飼い坊主と呼ばれ、生涯を但馬牛の改良に尽くしました。私財を投げ打って手に入れた雌牛は年々良い子牛を産出す、系統は「周助蔓」と呼ばれ今日の「但馬牛」の基礎となりました。
2013.08.05
赤松広秀
最後の竹田城主である戦国武将。播磨の名門・赤松氏の一族で、龍野城主の後、豊臣秀吉に従い竹田城主となりました。現在の総石垣の城は広秀の時代に完成しました。善政をしいたことで知られ、朝来市の法樹寺に墓所、養父市八鹿町に供養塔があります。
2013.08.05
森はな
児童文学作家。32年間、小学校教師を務めた後、『じろはったん』を出版し、日本児童文学者協会新人賞を受賞しました。遅咲きの新人として、ぬくもりのある名作を残しました。
2013.08.05
70年前の柳まつり
『夢但馬2014』事務局です。 歌川広重の「両国花火(『名所江戸百景』)」。 どーんと打ち上げられる花火。隅田川に浮かぶ屋形船、橋の上にも見学の人がいっぱい。「たーまやー」の声が聞こえてきそうな、いい画ですよね。 http://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:100_views_edo_098.jpg