2013.08.02
城崎秋祭り
10月14・15日に行われ、いで湯の繁栄を祈願する四所神社の秋の大祭。上部・中部・下部に分かれ、神社の御輿を守る台(上部の山車)と排除する大だんじり(中・下部の山車)が、一の湯前でセリ(ぶつかり合い)を展開します。
2013.08.02
出石お城まつり
5万8千石の城下町として栄えた出石を象徴するお祭りで、毎年11月3日に行われます。江戸時代の参勤交代を再現した大名行列が見所。大人大名行列では、長さ最大5m、重さ最大15kgの槍を投げ渡す「槍振り」が披露されます。
2013.08.02
出石けんかだんじり
江戸中期に始まったとされ、「喧嘩だんじり」とも呼ばれています。10月中旬に行われ、長さ17mのだんじりを担いで町内を練り歩いた後、だんじりをぶつけ合う「練り合い」は迫力があります。
2013.08.02
久谷ざんざか踊り
神前や家々の庭先で五穀豊穣や氏子の安全を祈願して踊られます。踊り手は中高生の若者で、華やかな一文字傘をかぶって、腰に付けた締太鼓を叩きながら踊ります。県指定無形民俗文化財。
2013.08.02
田君川のバイカモ群落
清水に咲く水生の多年草で梅に似たような花が特徴。海岸線から4kmほどしか離れていない場所に群落があることは珍しいです。
2013.08.02
正福寺桜
湯村温泉街にある正福寺境内にあり、花びらが10枚、めしべが2〜6本もある珍しい桜。 学名は「プルヌスタジマエンシス・マキノ」で、日本の植物学の父といわれる牧野博士によって命名されました。
2013.08.02
鎧の袖
高さ約65m、幅約200mの柱状節理が見事な海食崖で、武者の鎧の袖に似ていることから名が付きました。
2013.08.02
進藤家住宅(千年家)
明治時代の実業家、原六郎(進藤俊三郎)の生家。進藤家住宅は足利時代に建築されたといわれる茅葺き屋根の庄屋屋敷で、「佐仲の千年家」と呼ばれています。
2013.08.02
神子畑鋳鉄橋
明治時代、神子畑鉱山の鉱石を運ぶために神子畑川に架けられた橋の1つ。日本に現存する鋳鉄橋では最古のもので、国の重要文化財に指定されています。
2013.08.02
茶すり山古墳
直径約90m、高さ約18mある近畿最大級の円墳で、5世紀前半に築造。ヤマト政権と強く結びついていた首長の墓と確認されています。
2013.08.02
若杉ざんざか踊り
姫踊りと呼ばれるように衣装が鮮やかで、優雅かつ古式ゆかしい踊り。その昔、大和の修行者が村で流行していた病を平癒するため、氏神様に踊りを奉納したことが始まりとされています。 県指定無形民俗文化財。
2013.08.01
植村直己冒険館と植村直己記念公園
世界の冒険家・植村直己の偉業や人柄を紹介する記念館。冒険の際に持って行った愛用の品を展示する他、犬ゾリ搭乗の疑似体験や岩登り体験もできます。周辺は記念公園として整備され、各種運動施設やジョギングコースなどがあります。
2013.08.01
タジマモリ
但馬開発の祖神であるアメノヒボコの子孫で、垂仁天皇の時代、命を受けて常世国へ非時香菓(橘の実)を求めて旅に出たとされています。非時香菓はお菓子の最上級品とされ、タジマモリを祀る中嶋神社は全国の菓子の本社として崇敬を集めています。
2013.08.01
?9月14日養父?養父市が生んだプロレスラー、YO-HEYさん凱旋試合!
 『夢但馬2014』事務局です。 (株)オーシスマップの大林代表取締役と(株)ピーナッツの野崎代表取締役、そしてなんと養父市八鹿町出身のプロレスラー、「養父市が生んだ空を統べる戦士」ことYO―HEYさんが来課されました!(写真一番左)9月14日に養父市立八鹿総合体育館で、YO-HEYさんの凱旋興行「WNCプロレスリ
2013.08.01
夢千代
早坂暁原作・脚本、昭和56?59年にNHKで放映されたドラマ「夢千代日記」の主人公。吉永小百合が主演し、物語の舞台・湯村温泉は、夢千代の里として脚光を浴びました。荒湯近くには夢千代像が建つ他、主な出演者の手形もあります。
2013.08.01
渡辺うめ
明治40年生まれ。昭和10年頃から独習で人形制作を始めました。昭和19年、夫の故郷・養父市に疎開。昭和58年、75才頃から農村に生きる人の暮らしぶりを細やかに再現した数多くの作品を制作しました。作品の一部は、養父市立全天候運動場内で常設展示しています。
2013.08.01
加保坂のミズバショウ自生地
関西地方以西では日本で唯一の自生地で、1万年以上前から静かに生き続けています。現在は約2,000個体が生育しています。自然産状の「硬玉ヒスイの原石」が日本で初めて発見された場所でもあります。