生野フェス ※鉱石の道フェア
生野鉱山本部建物の特別公開、古民家ギャラリー、 銀谷はいから市、ミニ一円電車、昭和の遊び広場、 ミゼット広場、生野ミニウォークツアーなど。
久谷ざんざか踊り
毎年9月15日に「五穀豊穣」「氏子安全」を祈願して神社に奉納したあと、二組に分かれて家々の庭先で踊って氏神の祭りを祝います。また、正午頃には「榊(御輿)」を先頭に、「獅子猩々」「山鉾」「御神輿」「ざんざか踊り」の順に、氏子総代の庭に集まって芸を演じ、祭りを最高潮に盛り上げます。
岸田川灯籠流し
浜坂の夏の風物詩の一つ。「灯籠流しと送り火」は、灯籠が夕闇の川面をゆっくり下っていき、その情景は幻想的で観る人を魅了してくれます。先祖の供養、墓参り等で帰省中の方、観光客など多くの方が夕刻になると岸田川に集まり、涼しい夏のひと時を過ごします。 【時間】18:30~20:00
中辻芸踊り
桃山時代から伝わる盆踊り。仏様の供養として、8月14日~15日の手踊りの合間に踊り、名所敵討ち場面等を表現したもの。
丹土はねそ踊り
踊りは2~3人が1組になり、脇差・懐刀・棒・薙刀などを手にし、太鼓と三味線の囃子に合わせ諸行事を演じている。歌は『平井権八』(ひらいごんぱち)や『鈴木主人』(すずきもんど)、『国定忠治』(くにさだちゅうじ)などの語りものが中心となっている。
岸田さえもん踊り
毎年8月14・15日のお盆には、旧温泉町に残るほかの盆踊りと共に地域に深く親しまれ、区民一丸となって舞い踊られます。 踊りの芸題には、「熊谷直実」、「伊勢音頭」、「俊徳丸」、「藤吉出世」などがあります。「さえもん踊」は伝統の古さや優雅さにおいては、白眉的存在として定評があり、また反面では修得がむずかしいとされている伝統文化で
海上傘踊り
江戸の時代より伝承さる雨乞いの踊りと言われ、大干ばつに見舞われた時、困った農民たちが冠傘をまとい、踊り悲願をたてたところ待望の雨が降り、飢饉から脱したと言われています。傘には大小240個余りの鈴を付け、2人1組となって勇壮活発に踊り、現在も地区の若者たちによって継承されている。
荒湯天狗まつり
夜店販売、天狗の造形物大パレード、アトラクション、但馬牛感謝祭絵灯ろう点火、Wチャンスくじ抽選会(大ビンゴ大会)
道の駅但馬のまほろばロードサイドステーションフェスタ5
①但馬を中心としたご当地グルメ・スイーツの提供 ②ゆるキャラによる観光・特産品のPR ③ライブ・ダンス等のストリートパフォーマンス披露 ④「但馬で暮らすがんばる人市場」の開催 ⑤ゆるキャラ缶バッジ作り体験⑥但馬ピーマン釣り大会 ⑦自治体による特産品等の展示販売
生野イルミネーションロード
点灯式は12月6日18:00丁度に一斉に点灯。5万個の電球が建物や街路樹が光の道を創り上げる様は夢の中への誘いのようです。1月4日までの期間、毎日17:30~21:00までの間点灯されます。まちを暖かくする、みんなの明かりです。車を降りてゆっくり歩いてご覧下さい。
歌長太神楽
獅子舞、立て物といい、額に細長い棒を立てて、刀二本、まり、ちゃめん十数個を重ね、その上に水の入った茶碗を乗せて回転させ雨を降らすなど笛と太鼓の音に合わせて踊ります。昭和40年頃まで「立て物」は続けられていましたが、現在は獅子舞のみ伝承されています。 獅子ですが、オス獅子に限られています。 毎年10月1日の祭りの日には、歌長神
第2回 天空の城・音楽祭
朝来市和田山町竹田地区は、竹田城跡の麓にある城下町としての歴史的景観を形成している。竹田城跡の人気を背景に、竹田地域の活性化を図るため、音楽会を開催する。平成27年4月5日(日)には、第2回 天空の城・音楽祭は第16回朝来市「わだやま竹田」お城まつりと同時開催されます。 第2回 天空の城・音楽祭 日時 27年4月5日 10時
銀谷のひな祭り
春の訪れ告げる生野・銀谷のひな祭り 生野銀山とともに栄枯盛衰を重ねてきた朝来市生野町。懐かしい鉱山町の町並みが残る銀谷地区で3月3日(月)から8日(日)まで、恒例の「銀谷のひな祭り」が開かれる。期間中、JR生野駅周辺から史跡生野銀山周辺まで約150軒の民家や商店などにいろいろなおひな様が飾られる。  ひな祭りは、最初は「口銀
天滝もみじ祭
日時:平成26年11月3日(文化の日) 会場:レストハウス天滝 駐車場 <イベントスケジュール> 10:00~ 開会 11:00~ フラダンスショー 11:30~ 歌謡ショー 1部 12:30~ 餅つき&販売 13:00~ 歌謡ショー 2部 14:00~ ビンゴゲーム(景品付き) 15:00~ 紅白もちまき 15:10~ 終