岸田川灯籠流し
【浜坂の夏の風物詩の一つ「灯籠流しと送り火」】 浜坂の夏の風物詩の一つ。「灯籠流しと送り火」は、灯籠が夕闇の川面をゆっくり下っていき、その情景は幻想的で観る人を魅了してくれます。先祖の供養、墓参り等で帰省中の方、観光客など多くの方が夕刻になると岸田川に集まり、涼しい夏のひと時を過ごします。 ・雨天の場合:23日(金)地蔵盆
2019.07.05
但馬PLACE VOL.17 玄武洞ミュージアム
約160万年前の火山活動を現代に伝える、兵庫県豊岡市にある国指定の天然記念物「玄武洞」。そんな玄武洞をテーマにした石の博物館「玄武洞ミュージアム」が、2018年にリニューアルオープンしました。 ― 奇岩の名所 玄武洞 国指定の天然記念物である玄武洞公園。石でできた階段を登ると、六角形の柱状節理が雄大に積み上がる玄武洞が視界に
岸田さえもん踊り
【約600年の歴史をもつ優雅さの中に舞の要素を加えた踊り】 毎年8月14・15日のお盆には、旧温泉町に残るほかの盆踊りと共に地域に深く親しまれ、区民一丸となって舞い踊られます。踊りの芸題には、「熊谷直実」、「伊勢音頭」、「俊徳丸」、「藤吉出世」などがあります。「さえもん踊」は伝統の古さや優雅さにおいては、白眉的存在として定評
中辻芸踊り
【名所敵討ち場面等を表現した踊り】 桃山時代から伝わる盆踊り。仏様の供養として、8月14日~15日の手踊りの合間に踊り、名所敵討ち場面等を表現したものです。 中辻地区に安土桃山時代より伝わる踊りで、戯曲・謡曲・歌舞伎に由来を発した所作や物語の一場面を取り入れたもので、道具は、刀、槍などを持ち、2人1組、又は3人1組になって踊
丹土はねそ踊り
【剣術を取り入れた桃山時代から伝わる踊り】 踊りは2~3人が1組になり、脇差・懐刀・棒・薙刀などを手にし、太鼓と三味線の囃子に合わせ諸行事を演じています。歌は『平井権八』(ひらいごんぱち)や『鈴木主人』(すずきもんど)、『国定忠治』(くにさだちゅうじ)などの語りものが中心となっています。 戦国時代、地域の住民、我が家、我が身
海上傘踊り
【現在に伝承される雨乞いの傘踊り】 江戸時代から伝承される雨乞いを祈る絵模様傘の鈴の音。徳川末期、山陰地方が大干ばつに見舞われたとき、困った農民たちが雨を求めて色々な祈願をする中で、五郎作と言う老農夫が、三日三晩冠笠をまとって狂い踊りの悲願をたてたところ、満願の日に大雨が降り出し、飢饉から脱したと言われています。以来、盆踊り
カバストマルシェ・プレミアム
【カバストファッションショーで盛り上がろう】 真夏の夜はカバストファッションショーで賑わいます。 ◆日時:8月24日(土)18:00〜21:00 ◆場所:カバンストリート(豊岡市宵田商店街)  
第42回但馬美術展
【但馬在住の方々の絵画作品が一堂に集まります】 但馬在住、または但馬で活動している高校生以上を応募対象とした絵画(5部門)の展覧会です。但馬在住の絵画愛好家(高校生、初心者、無審査作家)の作品が一堂に集まります。兵庫県知事賞等を授与することで、但馬の芸術・文化の振興に寄与しています。 ◆日時:8月2日(金)〜9日(金) ◆場
令和元年度「但馬中学生からのメッセージ」〜私の主張2019〜
【但馬中学生の夢を聞いてください】 但馬の中学生たちが、日常生活や団体活動等の体験を通し、考えていること、感じていることを広く地域の人々に訴えるとともに、青少年育成の指針である「ひょうご青少年憲章」の普及・実践活動について考え、自ら社会の形成者としての役割と責任を自覚し、21世紀のひょうごを切り拓いていく担い手として成長する
燈の和(ともしびのなごみ)
【暗い小径に揺れるローソクの灯りが幻想的】 毎年8月15日に、味原小径に1500個のローソクを並べます。 味原小径は石垣や古い家並みが残る情緒あふれる小径で、故郷の良さを味わっていただこうと活動しています。暗い小径にローソクが整然と並ぶ様子は、とても幻想的で、小径の横を流れる川面に映るローソクの灯りが雰囲気を一層もりあげてく
石橋池たらい漕ぎ競争
【但馬杜氏にちなんだ恒例「たらい漕ぎ競争」】 競技は小学生の部と一般の部があり、但馬杜氏のふるさとにちなんで、酒樽を半切りにした直径約1mのたらいに1人ずつ乗り、小学生は往復50m、一般は往復70mのコースに挑戦します。 会場では、梅干しの種飛ばし競争や、豆腐の早食い競争(先着10名)、ボート遊び、子どものお菓子釣りゲームな
2019たんとうひまわりまつり
【畑一面のひまわりをお楽しみください】 たんとうチューリップまつりに引き続き、休耕田を利用し「夏の花も見てもらいたい。」との思いから 2001 年より畑一面に ひまわりを咲かせています。チューリップまつり同様、このイベントは但東町の豊かな自然の中で開催する ことにより、交流人に環境美化意識の高揚を図るとともに、自然へ
第30回せきのみやふれあいまつり
【関宮の夏は花火とステージイベント、ふれあいテント村】 ふれあいテント村、ステージイベント、打ち上げ花火、地域住民手作りのイベント、各種団体のテント村、地元の児童・生徒等のステージイベントもあります。 ◆日時:8月31日(土)15:00~21:00 ◆場所:養父市立関宮コミュニティスポーツセンター(養父市関宮627番地) ◆
朝来市和田山夏まつり・和田山地蔵祭花火大会
【和田山の夏は地蔵祭花火大会】 但馬でも有数の祭りのひとつとして数えられ、歴史が古く、但馬の夏最後の風物詩として定着しています。趣向を凝らした「造り物(つくりもの)」や露店が並びます。 近隣では最大の集客があり、地域活性化を推進する上で重要な役割を果たしています。朝来市和田山夏まつり和田山地蔵祭奉賛会が主体的に活動されており
朝来市山東夏祭り
【山東の夏は「名物作り物」と花火大会】 古くからの伝統を受け継ぐ「名物造り物」は11箇所の地区が腕を競って作成しており一見の価値があります。また、打ち上げ花火は近くの山に花火の音が反響して迫力満点です。 ◆日時:8月19日(月) ◆場所:梁瀬小学校グラウンド(朝来市) ・産物の販売(山菜市) ・金管バンド等各団体演奏 ・練り
第40回あさご夏まつり
【朝来の夏イベント!花火大会もあります】 花火大会、歌謡ショー、漫才、夜店 等 夏祭りの夜、花火の炸裂音が周囲の山々に反響し大迫力が体感できます。 ◆日時:8月16日(金)17:00〜22:00 ◆場所:朝来グラウンド周辺(朝来市立脇)
第16回やぶふるさと祭
【養父市音頭や花火大会が夏の夜を盛り上げる】 子ども太鼓「養父太鼓(鼓(こ)彩(い))」や、菊恵会による養父市音頭、養父中学校吹奏楽部等、盛りだくさん。 堤灯が揺らめく中、1500発の花火が夜空に打ち上がります。ステージイベントも盛りだくさん。ご家族やお友達とぜひお越しください。 ◆日時:8月16日(金)18:30~20:4
生野夏物語
【生野のお盆の恒例イベント、15日には灯籠流しが行われる】 平成19年の生野銀山開坑1200年をきっかけに始まった「生野夏物語」は、独特の伝統文化である生野踊りをはじめ、生野の歴史文化を体感できる夏の風物詩です。 街の歴史・伝統を踊りを通して、知ってもらうと同時に、地域の人々の交流を深める場を提供し、様々な盆踊りを楽しんでも