-->

出石皿そば

所在地:

江戸中期、信州上田から仙石氏が出石藩へお国替えとなり、共に来たそば職人の技法が在来のそばに加わり誕生しました。挽きたて、打ちたて、ゆがきたての3たての伝統を守り、白磁の出石焼の小皿に分け入れて5枚1組が1人前です。城下町出石では40軒以上のそば店が軒を並べています。