11 / 13« 先頭...910111213
2014.08.04
私の思い、聞いてください
8月3日(日)「但馬中学生からのメッセージ~私の主張2014~」が、 日高農村環境改善センターの多目的ホールで行われました。 今年で、24回目になるこの中学生からのメッセージは、 彼らの素直な思いを、ストレートな文章で参加していた人々に語りかけていました。 彼ら、彼女たちのメッセージは、胸に響き、誰もが一度は似たような思いを
2014.07.29
『ななえの学校きまぐれ教室』 ~勾玉ペンダントつくり~へ行ってきました。
『ななえの学校きまぐれ教室』  ~勾玉ペンダントつくり~ 「カラン、カラン、カラン」レトロな昭和の香りがする、KTRコウノトリの郷(但馬三江)駅で鐘の音が響き、教室が始まる。7月26日(土)に行われた“勾玉ペンダント作り”は、子供と大人をあわせて約40名が参加した。 森本七重氏が代表をされる『ななえの学校きまぐれ教室』は、「
2014.07.28
自然界の生き物から学び、自然とあそぶ
皆(*^_^*)自然大好き*\(^o^)/*   Part1の幼虫探しから、大切に大切に育ててきました。 大きなカブトムシから小さなカブトムシまで勢ぞろい! 大きさや重さ、走行タイムなどを競いました。 いざ勝負!! 子供から大人まで大興奮!! カブトムシに関する作品展示もあり、美味しそうなカブトムシのクッキーを作っ
2014.07.24
次なる冒険へ!!
「元気な子どもたちあつまれ! チャリ小僧」 7月21日(月・祝)オカピー隊長率いるチャリ小僧たちは元気に豊岡市だいしやまを出発しました。広い広い田んぼのあぜ道をチャリで駆け抜け、途中こうのとりに出会う事もできました。普段、車で通っていた道もこうしてチャリで走ってみると今まで知らなかったことや見えていなかったものが発見できます
“五感に響く、但馬の夏フェス”TAJIMA WAVE 2014
但馬のミュージシャンや都市部のプロミュージシャンのライブ演奏を中心に、音楽のなる空間【聴覚】のなかで、心休まる自然【視覚・嗅覚など】、飲食店舗【味覚・嗅覚】、手づくりマーケット・体験スペース【感覚】など五感に響くコンテンツを設置。 [開場]10:00 [開演]11:00~[終演]19:00 [入場料]無料 ・ミュージックライ
2014.07.18
大冒険の始まり
夏だ!キャンプだ!かんなべだ!が、 いよいよ明日から始まります。 7月19日(土)~8月31日(日)まで、 体全体を使った楽しいプログラムがいっぱい!! 親子で楽しむもよし!子どもだけで大冒険するもよし! 夏のかんなべで遊びつくそう!! 詳しくは、こちら↓ http://www.kns.hyogo.jp/kns/top.ht
いちごくらぶ20周年記念尾木ママ講演会
20年間活動を継続できた感謝の気持ちを込め、特別イベントとして「いちごくらぶ20周年記念尾木ママ講演会」を開催し、地域の方との交流をはじめ、絆、信頼関係を深める。
2014.07.15
生きもの探そ!
7月24日(木)10:00~15:00まで、 「ヒヌマイトトンボ祭り」を開催します。 今から22年前、1992年に豊岡市城崎町桃島池で、国の絶滅危惧種である、「ヒヌマイトトンボ」が発見されました。 この祭りは、ヒヌマイトトンボを実際に観察しその生息環境への理解を深めるとともに、ラムサール条約湿地にも登録されている円山川下流域
2014.07.14
夏のチャレンジキャンプ in 今子浦
小学、1年生〜6年生。 子供だけでの参加(*^^*)… 「子供の頃は・・・」、海に潜り、野を駆け回り、川で遊び、山を歩き、雪原を雪まみれになって遊んだ。そのころは、自然そのものが生活の場であり、遊びの舞台だった。野も山も海も友達(*^^*) 自然豊かな『たじま』みんなで再発見しようと主催の岡田さん。 親から子へ。
光るどろだんご作り
光るどろだんご作り 昔から家づくりに使われた、「土」や「漆喰」を使ってピカピカに光る「玉」を作ります。 対象:小学4年~6年生程度 竹小舞への荒壁土の塗付を同行の大人の方もお試しいただけます。(少々汚れてもよい服装で) 定員50名 各時間10名 ①10時~ ②11時~ ③12時半~ ④13時半~ ⑤14時半~ ■参加費 10
2014.07.09
山陰海岸ジオパークガイド養成@かんなべ中止のお知らせ
7月12日(土)開催予定でした、山陰海岸ジオパークガイド養成@かんなべですが、諸事情により中止となりました。 申し込みをされていた皆様、申し訳ありません。 次回開催は、未定となっております。 最新情報は、NPO法人かんなべ自然学校HPまたは、facebookを ごらんください。 NPO法人かんなべ自然学校公式HP http:
平成26年8月17日(日)東井義雄教育塾「講演会」
日時:平成26年8月17日(日)  午後1時30分~4時 場所:但東市民センター ホール (但東町出合 150) ・講演 演題:「戦後の地域社会と東井教育」-学校の展開を踏まえて- 講師:国立大学法人一橋大学大学院社会学研究科教授 木村 元 さん ・パネル討議 テーマ 「ふるさとを愛する教育」 コーディネーター 一橋大学大学
夏だ!キャンプだ!かんなべだ!
神鍋高原でキャンプを楽しむイベント 自分たちでテントを立てたり、アウトドアクッキングをしたり、自然の中でめいっぱい遊んだり、ゆっくりしたり。 自然の中で生きる楽しさを感じていただけます。 たくさんの楽しいプログラムがあります。中には、もう定員になってしまってキャンセル待ちも・・・。 予約状況などは、NPO法人かんなべ自然学校
山陰道を再発見するツアー
『古代の山陰道めぐり』 ①山東エリア 栗鹿神社 ②養父エリア 養父神社 ③八鹿エリア 箕谷古墳群より大徳山
子どもたちによる海辺の漂着物調査
子どもたちが海辺で漂着ごみを採取し分別することによって、どのようなごみが多いのかを体験し、身近な環境意識を育てる。 参加は豊岡市・香美町・新温泉町内の小学校8校で、専門講師が進行する。
第20回「前田純孝賞」学生短歌コンクール
前田純孝は明治13年(1880年)兵庫県二方郡諸寄村(現:美方郡新温泉町諸寄)生まれ。 兵庫県尋常師範学校(御影師範)卒業後、「新詩社」に所属して短歌を作り、東京高等師範学校に進学後は、与謝野鉄幹・晶子らと『明星』に精力的に作品を発表しました。短歌、詩はもちろんのこと、作詞、作曲、ピアノやバイオリンの演奏など音楽的才能も発揮
ヒヌマイトトンボ祭り
1992年に城崎町桃島池で絶滅危惧種であるヒヌマイトトンボが発見されました。ヒヌマイトトンボは世界で唯一汽水域に棲むトンボです。 地域では、ヒヌマイトトンボが幼虫から成虫になるまでの環境を整備し、調査しながら、貴重な自然環境への理解を深め、地域を愛する心をはぐくむ活動を続けています。 10:00~12:00  「自然観察会」
11 / 13« 先頭...910111213