但馬はゆく1st 幅 允孝

 

(PROFILE)
1976 年、愛知県生まれ。ブックディレクター。
人と本がもうすこし上手く出会えるよう、様々な場所で本の提案をしている。本棚× カフェ、病院、空港、百貨店、温泉宿・・・。伊勢丹新宿店本館地下2 階「ビューティアポセカリー」や、羽田空港と原宿にある「Tokyo’s Tokyo」などショップでの選書、千里リハビリテーション病院のライブラリー制作など、その活動範囲は本の居場所と共に多岐にわたり、現代社会の中で細分化されてしまった様々な役割(職業・場所等)を結びつけていく。
著作に『幅書店の88 冊』(マガジンハウス)がある。他にも『本の声を聴け ブックディレクター幅允孝の仕事』
(著・高瀬毅/文藝春秋)が刊行中。http://www.bach-inc.com

あるモノとの出会いの「場」がいかに大切か、しっかりと考えたことのある人は少ないのではないだろうか。モノの魅力を最大限に伝えるために、どんな形で何を武器にして提案するのかベストなのか。「本」の魅力を伝えてこられた幅氏の経験を聞きながら、社会にインパクトを与え、停滞している状況に風穴をあける考え方を学ぶ。

「ビューティアポセカリー」
伊勢丹新宿店本館地下2階