但馬はゆく4th 小泉 武夫

 

(PROFILE)
1943 年、福島県生まれ。
専攻は醸造学、発酵学、食文化論。但馬出身の冒険家・植村直己に憬れ“食の冒険家“として、教授職の傍ら世界中の民族の食文化を食べ歩き調査。著書は100冊を超え、特許についても食物・微生物関連で20 件を超える、発酵学、食文化論の第一人者。「日本醸造協会伊藤保平賞」など受賞歴も幅広く多数である。その膨大な見識から、「味覚人飛行物体」とも呼ばれ、各大学の客員教授の他、「全国地産地消推進協議会会長」「北海道名誉フードアドバイザー」など、政府や地方自治体関係の役職を多数務める。

「食べる」とは?今、何を大切に何を問題として知るべきか、小泉先生と共に考える。また、“たくあん漬け”でも有名な沢庵和尚ゆかりの宗鏡寺・小原游堂住職にも「たくあん漬けと命・食」についてお話いただく。