朝来市ウインドアンサンブル第15回定期演奏会
【市民でつくる音楽】 朝来市に拠点を置く市民吹奏楽団の演奏会です。 今回の曲目は「セレブレイト」清水大輔、「ドラゴンの年」フィリップ・スパーク、「富士山」真島俊夫、当団オリジナル「平成名曲メドレー」などです。 休日の午後のひとときを音楽を通じて、お楽しみいただければと思います。 入場無料 ◆日時:4月28日(日)開場13:3
春季オープニングイベント 春の装いフェア
【但馬牧場公園の春を満喫しよう!】 牧場公園の春を感じながら、ゲームやレザークラフト体験などを楽しんでいただきます。但馬ビーフ焼肉の試食を楽しんだり、動物たちとふれあいながら、但馬の春の自然を実感することができます。 ◆日時:4月21日(日) ◆場所:兵庫県立但馬牧場公園(美方郡新温泉町丹土1033) (1)但馬ビーフ焼き肉
第29回香美町こどもの絵100人展
【香美町内の子どもたちが描く「ふるさと香美町」】 子どもたちが應擧絵画をふるさとの誇りとし、身近な自然・文化・伝統などさまざまな『ふるさと香美町』を描くことで、絵画にふれあい、絵画を通じて自らの文化芸術性を高めます。また、学校・地域の連携により町民へ子どもたちのその素晴らしい感性と可能性を発信します。これらのことを通して、絵
第15回永楽寄席 わいわい亭
【歴史ある芝居小屋で落語を楽しむ】 古典芸能の一つである落語を通じ、出石町内から素人落語家を募集します。地元の飲食業にも協力してもらい、笑いと食で地域の活性化を図ります。 ◆日時:3月14日(木)開場18:30~ 開演19:00~ ◆場所:出石永楽館(豊岡市出石町柳17-2) チケット:前売500円・当日800円(全席自由)
銀谷のひな祭り
【春の訪れ告げる生野・銀谷のひな祭り】 朝来市生野町口銀谷(くちがなや)中心にひな祭りを開催します。口銀谷地域と奥銀谷地域の家々約150軒が雛人形を飾ります。年代や形等、大小さまざまな雛人形を眺めながら町並み散策を楽しめます。また、今年度は日本遺産特別企画として、2日と3日の2日間は乗合馬車の特別運行を行います。(完全予約制
第16回ゆむら灯火の景
【温かい光に包まれる町で安らぐ】 春を待つ人の心と灯りのゆらぎで癒され、温もりが感じられる想いが融和した光プロジェクト事業です。竹やロウソクなどを使い、雪や湯煙などの自然と共感する「癒される」光の世界を作り出します。 ◆日時:2月9日(土) 10:00~(17:00点灯) ◆場所:湯村温泉街(美方郡新温泉町湯) ◆見どころ
但馬牧場公園雪まつり
【雪で遊ぼう!】 雪で季節感を味わっていただきながら、ゲームや但馬ビーフの試食を楽しむことができます。 ※積雪状況により内容を決定します。ゲーム・試食とも当日受付・定員あり。 ◆日時:2月3日(日)9:30~ ◆場所:兵庫県立但馬牧場公園(美方郡新温泉町丹土1033) ・雪玉ストラックアウトゲーム 無料 小学生以下定員50名
第27回ジュピターホール歌謡祭 予選会
【歌唱力自慢集まれ!白熱の予選会!】 但馬内外より参加者を募集し、歌を披露する場として、近隣では最大級の催しとなっています。 予選会では約100名(組)の参加者による歌の競演があります。 決勝大会【平成31年1月20日(日)】では予選を勝ち抜いた30組が熱唱します。 ◆日時:12月9日(日)12:00~17:00 無料 ◆場
第16回せきのみや子ども歌舞伎公演
【子どもたちで演じる、伝統ある歌舞伎】 氷ノ山の深い谷あいに葛畑(かずらはた)の舞台、芝居堂があり、昭和43年に国の重要有形民俗文化財に指定されています。昭和の初め頃まで盛んだった葛畑の農村歌舞伎は、その後一時衰退してしまいます。しかし、地元住民の熱い想いにより、平成15年に37年ぶりの復活公演を行いました。そして、次世代を
生野イルミネーションロード2018
【生野の町を優しい光が包む】 平成13年から始まった生野イルミネーションロード。生野の町の建物や街路樹を5万個の電球が幻想的に照らします。1月4日までの期間は毎晩ライトアップし、冷たく澄んだ冬の空気の中で浮かび上がる光の道は、ひと時の温もりを感じます。 ◆日時:12月1日(土)~1月4日(金)17:30~21:00 ◆場所:
朝来市少年少女オーケストラ 第26回定期演奏会
【芸術の秋にオーケストラを楽しむ】 朝来市の小・中・高生を中心に構成するフルオーケストラの定期演奏会で、「但馬に新しい音楽文化を創ろう」と平成2年に結成されました。幅広い年齢層の団員が兄妹のように音楽活動に取り組むことで、ユニークな新しい教育の場をあみ出し、すばらしい教育効果もあげています。 ◆日時:11月17日(土)開場1
第19回「宇野雪村賞」全国書道展
【様々な人が書いた”書”を見に行こう】 新温泉町のみならず多くの先人を輩出した、但馬の素晴らしい風土を対外的にアピールするイベントです。 ・ 書道展入賞表彰式(11月18日 14:00~15:30) ・特別賞入賞作品30点を展示 ◆日時:第一期/11月18日(日)のみ 浜坂多目的集会施設 2階ホール 第二期/11月23日(金
仲田光成記念 第18回豊岡全国かな書展
【但馬に書を普及させよう】 豊岡市竹野町出身の書家・仲田光成の偉業を記念し、書の普及と地域文化の高揚を図ることを目的とした展示会。書道展としては珍しい「かな」の公募展です。 ◆日時:11月9日(金)~11日(日)9:00~17:00[最終日は16:00まで] ◆場所:豊岡市立総合体育館(豊岡市大磯町) ・一般部 ・高校生部
第40回ふるさとの心をうたう但馬合唱祭
【但馬の合唱団体が集まります!】 但馬全域の合唱団体が一堂に会する合唱祭であり、団の構成は多種多様で、合唱のクオリティも高い。日頃の練習成果を発表しあい、交流の輪をひろげるとともに、ふるさと但馬の芸術・文化の振興と発展を図ります。聴衆側も気軽に音楽に親しむことができます。 ◆日時:11月23日(金・祝)10:00~16:30
三原谷の川の風まつり2018
【廃校復活!!学校がレストラン・ギャラリーに】 30年前に廃校になった旧大森小学校がメインの第1会場。 学校レストラン、ふれあい手打ちそば、ふれあい市場、学校ギャラリー、田んぼの中のミュージアム、田んぼおんがく会などを開催ます。 第2会場の三原会場では、三原高原に流れる風に誘われ・・・ 雪深き深山の暮らし展などを開催します。
第11回永楽館歌舞伎
【昔懐かしい芝居小屋で歌舞伎を楽しむ】 平成20年の大改修により復原された芝居小屋「永楽館」。 昔懐かしい劇場の雰囲気を持つ「永楽館」でみる歌舞伎は格別です。役者さんとの距離も近く、大きな劇場では味わえない雰囲気をお楽しみください。 ◆日時:10月18日(木)初日~24日(水)千穐楽 ◆場所:出石永楽館(豊岡市出石町柳) 出
第69回豊岡市美術展
【子どもから大人までのアート作品が楽しめる、歴史ある美術展】 60年以上にわたる歴史をもつ但馬最大規模の公募展。 一般・高校部門:絵画、書道、写真、彫刻・工芸 児童・生徒部門:図画、習字 ◆日時:10月31日(水)~11月4日(日)9:00~17:00 ◆場所:豊岡市立総合体育館(豊岡市大磯町)
第10回永楽館茂山狂言会
【近畿地方最古の芝居小屋で狂言に触れる】 狂言大蔵流の名門、茂山家から10名の狂言師を迎え、出石永楽館で開催。 演目は、「末広がり」、「宗論」、「梟」の3曲。 出演:茂山千作、茂山千五郎、茂山あきら、丸石やすし、松本薫、茂山宗彦、茂山茂、茂山童司、井口竜也、山下守之 料金:前売3,500円(全席指定) 当日4,000円 雰