1 / 1312345...10...最後 »
第27回ジュピターホール歌謡祭 予選会
【歌唱力自慢集まれ!白熱の予選会!】 但馬内外より参加者を募集し、歌を披露する場として、近隣では最大級の催しとなっています。 予選会では約100名(組)の参加者による歌の競演があります。 決勝大会【平成31年1月20日(日)】では予選を勝ち抜いた30組が熱唱します。 ◆日時:12月9日(日)12:00~17:00 無料 ◆場
第16回せきのみや子ども歌舞伎公演
【子どもたちで演じる、伝統ある歌舞伎】 氷ノ山の深い谷あいに葛畑(かずらはた)の舞台、芝居堂があり、昭和43年に国の重要有形民俗文化財に指定されています。昭和の初め頃まで盛んだった葛畑の農村歌舞伎は、その後一時衰退してしまいます。しかし、地元住民の熱い想いにより、平成15年に37年ぶりの復活公演を行いました。そして、次世代を
生野イルミネーションロード2018
【生野の町を優しい光が包む】 平成13年から始まった生野イルミネーションロード。生野の町の建物や街路樹を5万個の電球が幻想的に照らします。1月4日までの期間は毎晩ライトアップし、冷たく澄んだ冬の空気の中で浮かび上がる光の道は、ひと時の温もりを感じます。 ◆日時:12月1日(土)~1月4日(金)17:30~21:00 ◆場所:
朝来市少年少女オーケストラ 第26回定期演奏会
【芸術の秋にオーケストラを楽しむ】 朝来市の小・中・高生を中心に構成するフルオーケストラの定期演奏会で、「但馬に新しい音楽文化を創ろう」と平成2年に結成されました。幅広い年齢層の団員が兄妹のように音楽活動に取り組むことで、ユニークな新しい教育の場をあみ出し、すばらしい教育効果もあげています。 ◆日時:11月17日(土)開場1
第19回「宇野雪村賞」全国書道展
【様々な人が書いた”書”を見に行こう】 新温泉町のみならず多くの先人を輩出した、但馬の素晴らしい風土を対外的にアピールするイベントです。 ・ 書道展入賞表彰式(11月18日 14:00~15:30) ・特別賞入賞作品30点を展示 ◆日時:第一期/11月18日(日)のみ 浜坂多目的集会施設 2階ホール 第二期/11月23日(金
仲田光成記念 第18回豊岡全国かな書展
【但馬に書を普及させよう】 豊岡市竹野町出身の書家・仲田光成の偉業を記念し、書の普及と地域文化の高揚を図ることを目的とした展示会。書道展としては珍しい「かな」の公募展です。 ◆日時:11月9日(金)~11日(日)9:00~17:00[最終日は16:00まで] ◆場所:豊岡市立総合体育館(豊岡市大磯町) ・一般部 ・高校生部
第40回ふるさとの心をうたう但馬合唱祭
【但馬の合唱団体が集まります!】 但馬全域の合唱団体が一堂に会する合唱祭であり、団の構成は多種多様で、合唱のクオリティも高い。日頃の練習成果を発表しあい、交流の輪をひろげるとともに、ふるさと但馬の芸術・文化の振興と発展を図ります。聴衆側も気軽に音楽に親しむことができます。 ◆日時:11月23日(金・祝)10:00~16:30
三原谷の川の風まつり2018
【廃校復活!!学校がレストラン・ギャラリーに】 30年前に廃校になった旧大森小学校がメインの第1会場。 学校レストラン、ふれあい手打ちそば、ふれあい市場、学校ギャラリー、田んぼの中のミュージアム、田んぼおんがく会などを開催ます。 第2会場の三原会場では、三原高原に流れる風に誘われ・・・ 雪深き深山の暮らし展などを開催します。
第11回永楽館歌舞伎
【昔懐かしい芝居小屋で歌舞伎を楽しむ】 平成20年の大改修により復原された芝居小屋「永楽館」。 昔懐かしい劇場の雰囲気を持つ「永楽館」でみる歌舞伎は格別です。役者さんとの距離も近く、大きな劇場では味わえない雰囲気をお楽しみください。 ◆日時:10月18日(木)初日~24日(水)千穐楽 ◆場所:出石永楽館(豊岡市出石町柳) 出
第69回豊岡市美術展
【子どもから大人までのアート作品が楽しめる、歴史ある美術展】 60年以上にわたる歴史をもつ但馬最大規模の公募展。 一般・高校部門:絵画、書道、写真、彫刻・工芸 児童・生徒部門:図画、習字 ◆日時:10月31日(水)~11月4日(日)9:00~17:00 ◆場所:豊岡市立総合体育館(豊岡市大磯町)
第10回永楽館茂山狂言会
【近畿地方最古の芝居小屋で狂言に触れる】 狂言大蔵流の名門、茂山家から10名の狂言師を迎え、出石永楽館で開催。 演目は、「末広がり」、「宗論」、「梟」の3曲。 出演:茂山千作、茂山千五郎、茂山あきら、丸石やすし、松本薫、茂山宗彦、茂山茂、茂山童司、井口竜也、山下守之 料金:前売3,500円(全席指定) 当日4,000円 雰
第7回あさごアートコンペティション2018優秀模型作品展
【多様化する社会を切り取った現代アートが集結!】 美術館内で展示する作品のコンペティションを行い、その優秀作品展を開催します。 ◆日時:9月15日(土)〜10月21日(日) ◆場所:あさご芸術の森美術館(朝来市多々良木739-3) 朝来市は、日本近代洋画壇で活躍した白瀧幾之助や和田三造、青山熊治らを輩出し、彫刻界では淀井敏夫
第51回科学する但馬の子ども作品展
【但馬から世界に羽ばたく科学者を】 但馬唯一の小・中学生を対象とした科学的研究等の発表・アワードの場です。作品展も行われ、優秀な作品は「研究集録」としてまとめられ、平成31年2月下旬(予定)に発刊されます。 ◆日時:9月14日(金)~24日(月・振休)9:00~17:00 9月24日(月・振休)10:30~ 表彰式 ◆場所:
第25回公募展木彫フォークアートおおや
【全国から集まった木彫作品の大展覧会】 日本文化の原点ともいえる木を素材とした、私たちの生活に身近で親しみやすい、温もりや安らぎを与えてくれる「フォークアート」の全国公募展です。「ふるさとの命の姿」がつまったユニークな木彫作品を募集・展示します。 ◆日時:9月21日(金)~10月8日(月・祝)9:00~17:00 ◆場所:養
がっせぇ楽しい音楽会
【みんなで音を楽しむ音楽会】 楽器をつくろう!みんなで音を楽しもう!青空マーケットもあるよ! 小雨決行 ◆日時:10月6日(土)10:30~15:00 ◆場所:豊岡市立交流センター「豊岡稽古堂」前 芝生広場(豊岡市中央町2-4) 10:30〜15:00 青空マーケット(パン、ケーキ、クッキーなど) 10:30〜12:45 手
第9回がっせぇアート展
【但馬でアート作品を楽しむ】 但馬在住で18歳以上の精神及び知的障害者の作品展。入場無料 「がっせぇ」は但馬弁で「すごい」の意。富、名声、経歴などにとらわれない作品が観る人の心を魅了します。みなさんと一緒に障害者の創作を考えるイベントです。 ◆日時:9月30日(日)~10月8日(月・祝)10:00~17:00(最終日は15:
第24回八幡山芸術祭〜鎮守の森の野外ライブ〜
【八幡山芸術の森でコンサート】 兎塚学びの里の八幡山公園野外ステージでコンサートを開催! 出演:ブラックボトムブラスバンド・和田山虎臥陣太鼓 八幡山芸術の森でコンサートを鑑賞できます。 ◆日時:8月26日(日)開場12:30 開演13:30 ◆場所:八幡山公園(美方郡香美町村岡区福岡) 入場料:前売券1,000円  当日券1
第41回但馬美術展
【但馬在住の方々の絵画作品が一堂に集まります】 但馬在住、または但馬で活動している高校生以上を応募対象とした絵画(5部門)の展覧会です。但馬在住の絵画愛好家(高校生、初心者、無審査作家)の作品が一堂に集まります。兵庫県知事賞等を授与することで、但馬の芸術・文化の振興に寄与しています。 ◆日時:8月3日(金)〜10日(金) ◆
1 / 1312345...10...最後 »