1 / 2412345...1020...最後 »
2017.11.06
CULTURE「『コウノトリ育むお米』に宿る命」を更新しました!
■CULTURE「『コウノトリ育むお米』に宿る命」 『このお米には「数え切れないほどの生きものの命」が宿っている』とは、『コウノトリ育むお米のヒミツ』と題した冊子の冒頭に書かれた言葉です。米に命が宿るとはどういう意味なのでしょうか。無農薬・減農薬・有機栽培はもちろん、「生きものを育む」という付加価値を持つ「コウノトリ育むお米
2017.10.26
CULTURE「大ヒノキの根元に眠る万年酒」を更新しました!
■CULTURE「大ヒノキの根元に眠る万年酒」 兵庫県新温泉町浜坂にある、雪深い集落久斗山。その地のシンボルともいえる、大杉神社にある大ヒノキに眠る「万年酒」を使った「酒つぼ占い」とは、どのようなものなのでしょうか。全国的にもめずらしい、どぶろくを使った神事に迫ります。
2017.08.28
CULTURE「化粧地蔵の謎」を更新しました!
■CULTURE「化粧地蔵の謎」 町の角やあぜ道にひっそりと立ち、雨の日も風の日も変わりなく風景にとけこみ私たちを見守っているお地蔵さん。その中にお化粧をしているものがあることをご存知ですか。人々の思いを受け止め、美しく微笑んでいる化粧地蔵は何を語りかけているのでしょうか。
2017.07.25
CULTURE「但馬の養蚕」を更新しました!
■CULTURE「但馬の養蚕」 絹の原料となる繭を作る蚕は、日本全国で大切に育てられてきました。その中でも但馬地域は古くから養蚕業で栄え、江戸期には「東の群馬、西の但馬」とも呼ばれていました。
2017.07.25
PLACE「かんなべ自然学校」を更新しました!
■PLACE「かんなべ自然学校」 兵庫県には学校行事として、県内小学5年生の児童を対象とした4泊5日の「自然学校」が存在しますが、「かんなべ自然学校」はそれとは異なります。学校の枠を超えた、この場所だから学べることがあります。
2017.07.04
CULTURE「たじま暮らしのススメ」を更新しました!
■CULTURE「たじま暮らしのススメ」 兵庫県北部に位置し、「豊岡市」「養父市」「香美町」「新温泉町」「朝来市」の3市2町からなる但馬地域。近年は、コウノトリ野生復帰プログラムや世界認定された山陰海岸ジオパークなど自然環境を生かした活動や、城崎温泉街とアートを融合したまちづくりなど、新たな取り組みも盛んです。
2017.06.21
CULTURE「日本遺産に認定!鉱石の道探訪」を更新しました!
■CULTURE「日本遺産に認定!鉱石の道探訪」 姫路市、福崎町、市川町、神河町、朝来市及び養父市の6市町による「播但貫く、銀の馬車道 鉱石の道」が、2017年4月に日本遺産に認定されました。その中でも生野鉱山、神子畑鉱山、明延鉱山、中瀬鉱山からなる「鉱石の道」は、明治から昭和にかけて日本の近代化を支えました。
2016.02.01
「香美町地域おこし協力隊」募集中です!
兵庫県香美町で、地域おこし協力隊を3名募集しています。 募集期間は2月29日まで。 活動内容や募集の詳しい内容、応募用紙等は下記の「香美町ホームページ」でご覧ください。 http://www.town.mikata-kami.lg.jp/www/contents/1392021747976/index.html ■香美町地域
2016.01.27
UJIターン情報誌「Tajimy soul」が発刊!
「但馬で働き、暮らす」をテーマにした但馬地域総合紹介パンフレット 「Tajimy Soul(たじまい そうる)」が発刊されました! ぜひご覧ください。 デジタルブック「Tajimy Soul」 PDF版はこちら
2016.01.08
竹田城跡の開城情報も!朝来市ポータルサイト「あさぶら」オープン!
朝来市の情報をまるごと発信する情報サイト「あさぶら」がオープンしました! 竹田城跡の開城情報をはじめ、“観光”をベースにこれからどんどん楽しいコンテンツが追加されていく予定です。 市民ライターや市民カメラマンの募集なども随時行なわれています。 あなたが創る朝来のまちの未来。「あさぶら」はまさにその発信拠点。 どんな楽しい魅力
2016.01.06
「JOIN移住・交流&地域おこしフェア」、「TURNSカフェあさご」が開催!
1月16日と1月17日、「JOIN移住&地域おこしフェア」と「TURNSカフェあさご」がそれぞれ東京で開催されます。「地域おこしフェア」には、地域おこし協力隊を現在募集中の兵庫県但馬・豊岡市、養父市がブース出展、「TURNSカフェあさご」は、全国住みたい田舎ベストランキング1位になった朝来市が主催します。 「但馬」というキー
1 / 2412345...1020...最後 »